カウンター越し

泌尿器科とは

腎、膀胱、前立腺など尿路に関する疾患と副腎や精巣などを専門とする科です。女性の場合婦人科がありますので、生殖器関連については主に男性の診療となります。副腎腫瘍や前立腺がんなどの外科的な治療が中心になります。

女性がなりやすい膀胱炎は、尿道から大腸菌をはじめとする細菌が入り込んで、排尿痛や頻尿を引き起こすものですが、これは泌尿器科での診療対象となります。

臨床医療を大きく分けると内科と外科に分けられますが、外科から派生したものが、耳鼻科や眼科、皮膚科や泌尿器科などです。

看護師と子供

医療の現状

最近では高度な医療を提供するだけではなく、多様化してきている患者からの需要に対応する事が出来るように内科や外科だけではなく、耳鼻科や泌尿器科といった専門の分野にも対応出来る総合医療の提供努めている病院が増えてきています。

それぞれの分野で高い知識と技術を持っている医師の方の育成にも力を入れている事が特徴となっていて、患者が安心する事が出来る環境が整えられています。地域貢献や近隣の病院と連携をしっかりと取る事にも努めています。

医療の必要性
近年、患者からの多様化してきているニーズに対応する事が出来る病院が増えてきています。内科や外科といった一般的に需要が高い診療科目だけではなく、耳鼻科や泌尿器科といった専門の知識を必要とする診療科の医療を提供出来る環境が整えられています。

病気や怪我をした際に、放置しておくと完治せずに悪化する事も珍しくなく、適切な診察や治療を行う事が出来る病院の必要性は高く、高度な医療を受ける事で患者は健康に毎日を過ごす事が出来るようになっています。

パソコンの前の看護師

医療現場の見直し

私たちは常日頃から、何か体に不調を訴える場合通うところが医療機関であります。

その場所では専門職に在している人たちが多く勤務され、業務に携わっているのです。その設備と言いますと、まず最初に行う受付があり診察までの時間を待つ待合室や、診察を行う診察室などが設けられております。また病状に応じては、入院などの設備も整っており多方面にわたって利用することのある場所なのです。そんな医療現場があるから、私たちは病気をしても健康を取り戻すことができるわけです。

医師の手

泌尿器科で扱う病気の種類

扱う病気の種類としては、前立腺がんや膀胱がんなどの各種泌尿器腫瘍、腎臓疾患や腎不全、血尿や蛋白尿、前立腺肥大などの排尿障害、そして勃起障害(ED)や不妊症(男性)などがあります。

泌尿器科が扱う領域は、尿や生殖器に関する部分であり、主に外科的な診療を行っていますが、内分泌疾患や腎臓病などの内科的な病気も扱っています。

なお、生殖器に関しては男性の診療が中心ですが、膀胱炎など、女性がかかりやすい病気も扱っています。

泌尿器科の活用法
泌尿器科には血尿や蛋白尿といった尿路の疾患のほか、生殖器のトラブルについて診てもらうことが可能です。扱う領域に幅があるため、例えば生殖器にできものができたので心配になって受診する患者さんもいらっしゃいます。泌尿器科の医師は生殖器の診察に精通しているので、陰部周辺に恥ずかしくて病院へ行きにくいような症状が出現した場合にも気兼ねなく診てもらうことができます。

生命を脅かすような疾患の初期症状が生殖器に表れることは珍しくないので、早期に医療機関を受診することが必要です。

オススメリンク

新宿の耳鼻咽喉科で風邪やアレルギー性鼻炎などの治療を;新宿駅西口クリニック
アレルギー性鼻炎を治す方法を調べてみよう~鼻炎研究所~
バイアグラのことは泌尿器科が埼玉にありますのでぜひご相談ください、性感染などについてもご相談できますのでこの機会にぜひ!

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

November 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930